カイゼン事例

透明ふたで蒸発防ぐ

改善前

水温40℃前後に保っている水槽。
液体濃度の測定に使用しているが、温水が蒸発して測定不能になることがしばしば。

改善後

透明のふたをすることにした。

事例提供:株式会社林葉

※無断転載厳禁:ご利用の際はご連絡ください


効果

液体の蒸発が緩和された。透明のふたで、残量が見えるので、タイミングよく補充できるようになった。

カイゼンの定石

カバー化 ふた化 透明化 見える化

カイゼン・5Sの事例満載 月刊誌「創意とくふう」

直販形式のため 書店にはございません