カイゼン事例

脱脂のカイゼン:「浸ける」がダメなら「吹き飛ばす」

改善前

部品の表面に油脂が残ると、めっき液が付着しない。脱脂槽の中に浸け、表面の油脂を落としていたが、油脂が落ち切らないことがある。次工程のめっきがムラとなり不良が発生する。

改善後

フープ材に高圧エアーをかけ、油脂を吹き飛ばしてから、脱脂槽の中を通すことに。

事例提供:株式会社ヤマトテック

※無断転載厳禁:ご利用の際はご連絡ください


効果

不良なくなり、脱脂液の寿命も延びた。

カイゼンの定石

吹き飛ばす化 ムラなくす化 不良減る化
あらかじめ 長持ち化

カイゼン・5Sの事例満載 月刊誌「創意とくふう」

直販形式のため 書店にはございません