カイゼン事例

全身カバーで長生き

改善前

屋外に取り付けているボルト類。
あっという間に錆びてしまう。新品との交換作業を減らしたい。錆びが出ないようにできないか?

改善後

ボルトの頭とお尻には市販のボルトカバー、胴体部のネジの部分には熱収縮チューブを装着。
装着していないものと比較してみた。

事例提供:住友化学工業株式会社 大阪工場

※無断転載厳禁:ご利用の際はご連絡ください


効果

二ヶ月経過し、比べてみると差は歴然。「ボルトカバー&熱収縮チューブ」を他工場にも広げることにした。

カイゼンの定石

カバー化 錆びない化 身の回りのモノ活用

カイゼン・5Sの事例満載 月刊誌「創意とくふう」

直販形式のため 書店にはございません