カイゼン事例

お手軽「イレクター」で落下防止柵

改善前

新幹線1両ごとの作業。
車両と車両のつなぎ部分が開いたまま。作業者の車両からの落下や、落下した工具が下の作業者に当たるなど危険。

改善後

イレクターで柵を作った。

事例提供:東海旅客鉄道株式会社 浜松工場

※無断転載厳禁:ご利用の際はご連絡ください


効果

落下・脱落防止となっている。下部には板をつけて、工具などの落下を防止。

カイゼンの定石

カバー化 安全 落ちない化

カイゼン・5Sの事例満載 月刊誌「創意とくふう」

直販形式のため 書店にはございません