ピックアップ記事

2016年
3月号


特集2

3か月目の停滞をブレイク

201603特集2

「最初の1,2か月は快調なんだが・・・」
改善活動導入の3か月目頃、「停滞」が忍び寄ることが、まま、ある。物珍しさも一段落して、ぷっつりと改善が出てこなくなるのだ。

ありがちな「3か月目の停滞」を打ち破った「ごく、どこにでもある職場のケース」を紹介する。

打開策のひとつは「個人からチームへ」の転換だった。
改善を出すのは「個人」が原則。だが目標管理を「チームごと」にした。

先に16件/月の改善を出したチームが「金メダル」。
チームVSチームのコンペは面白さも手伝って、職場を活気づかせた。

・事例1:コの字型ゲージでネジ位置判定

・事例2:醤油差しで片手化


カイゼン・5Sの事例満載 月刊誌「創意とくふう」

直販形式のため 書店にはございません