ピックアップ記事

2022年
10月号


特集1

ミス0.5

ミスは完全になくして「ミス0」にするのが望ましい。

しかし、実行するには難しい。それならば、ミスをしにくく、なるべく出ない手段へと変更するのが現実的である。

「ミス0」が無理ならば、「ミス0.5」から始めよう。

 

事例1:幅広ステップで滑り「にく化」

事例2:赤テープで配管間違え「にく化」

 

 


カイゼン・5Sの事例満載 月刊誌「創意とくふう」

直販形式のため 書店にはございません