ピックアップ記事

2020年
12月号


特集1

人・モノ護る(まもる)「やさしい改善」

「護る」という言葉には、「大事にしよう」という気持ちが込められている。「従業員を大事に」というキャッチコピーをよく目にするが、本当に大事にしているだろうか。
危険やムリが蔓延している職場では、「従業員を大事に」が空回りしている。

「危ない」「ツライ」を改善することは、自分や仲間を護ることにつながる。こうした改善が活発な職場、企業は「従業員を大事に」している。

・事例1:シンプル治具でホースを護る
・事例2:折り畳みでケガから護る


カイゼン・5Sの事例満載 月刊誌「創意とくふう」

直販形式のため 書店にはございません