ピックアップ記事

2014年
10月号


インタビュー

骨伝導でみんなの耳をアシスト

201410インタビュー

偶然出会った補聴器が運命を変えた。
それは、外部の音を振動に変換し、頭の骨 ~ 聴覚神経と、音を伝えるものだった。この仕組みに驚き、感動したサラリーマン夫妻は起業し、骨伝導機器の代理店を始めた。

聞こえない人だけでなく、聞こえる人にも役立つものを作りたい。想いは強く、自ら開発を手掛けるまでとなった。

「人のためになるものづくり」
商品をどんどんカイゼン、さらにいいものを目指して。


カイゼン・5Sの事例満載 月刊誌「創意とくふう」

直販形式のため 書店にはございません