ピックアップ記事

2012年
10月号


インタビュー

標本からアートへ

201210インタビュー

透明標本とは、
魚など、小さな生き物の骨格を調べるためにあみだされた「手法」のひとつ。

「たんぱく質分解酵素」を使い、肉質を残したたまま、魚などを透明にし、骨格を浮き彫りにした「標本」だ。

軟骨は青く染める液に、硬い骨は赤く染める液に浸けて、骨格を見やすくする。

※写真はメバル


カイゼン・5Sの事例満載 月刊誌「創意とくふう」

直販形式のため 書店にはございません