ピックアップ記事

2014年
10月号


特集1

改善は「着眼」から始まる

201410特集1

着眼とは、現状に対して、
「このままではマズい!」「何か、良くないと思う」
など、心が波立つことだ。

たとえば・・・・
プリントアウトごとに用紙の上下を切りそろえていた。手間がかかった。

「いちいち切る」
「毎度毎度、面倒くさい」

そう気付く(イラつく?)ことが、すなわち「着眼」である。
では、どうすれば「いちいち」から解放されるか。

そもそも、きれいに切りそろえる必要って、あるのか?
書面の用途を考えた。

「この書面はデータの控え用じゃない?」
それならキレイでなくても差し支えない!

このように「着眼」し、そして「着想」を得て、改善を1つしていくのだ。

・事例1:ウエットティッシュから十字型切り込み

・事例2:区切り線は養生テープで


カイゼン・5Sの事例満載 月刊誌「創意とくふう」

直販形式のため 書店にはございません