ピックアップ記事

2013年
12月号


特集2

品質第一主義を貫く 酒蔵のカイゼン

201312特集2

株式会社小山本家酒造は創業1808年。

200年以上も続く酒造りの技術は、造り手の腕と、一人ひとりの小さなカイゼンで現在に受け継がれてきた。

造りの現場では最新設備を導入しているが、その機能を活かすだけでは立ち行かないことも。そこで出てくるのが、「デキナイ」をそのままにせず、「デキル方法を」という改善。その着想の広さは「日々改善」の賜物だ。

この姿勢は開発部門や物流倉庫など全体に貫かれ、最近ではグループ会社にまで拡がっている。

・事例1:サーモテープで残量わかる

・事例2:チェーンで操作ラクに安全に


カイゼン・5Sの事例満載 月刊誌「創意とくふう」

直販形式のため 書店にはございません