ピックアップ記事

2016年
9月号


特集1

動作と道具 手に手をとって改善

「作業のやり方」を変える時、
「道具」を変えたり、新しく準備することがある。
当然、以前よりも効率的になる。
時には、想定外の効果が出たり、新たな問題が発生したり。
それなら、また「道具」「やり方」を少しずつ変えていけばよい。
「動作」と「道具」。
どちらにも視野を広げ、改善をすすめていきたいものである。

・事例1:キャスターと廃材で移動ラクちん
・事例2:補助具で腰の負担なくす


カイゼン・5Sの事例満載 月刊誌「創意とくふう」

直販形式のため 書店にはございません