ピックアップ記事

2014年
3月号


特集1

人にやさしい「設備」のカイゼン

2014003特集1

苦痛をともなう仕事に直面した時、
「くろう」に耐えるのか?
それとも、「くふう」を重ねるのか?

「くろう」を重ねた仕事の達成感は大きいが、そこには進歩が無く、同じことを繰り返すだけだ。

「くふう」なら、「くろう」をしないために、やり方を少し変えてラクに効率的に仕事を進められる。

これまでの「人を設備に合わせる」という「くろう」から「設備を人に合わせる」という「くふう」への改善を事例に基づいて解説する。

・事例1:箱が斜めでピッキングがスムーズ

・事例2:壁に沿わせて泡立ち防ぐ


カイゼン・5Sの事例満載 月刊誌「創意とくふう」

直販形式のため 書店にはございません