ピックアップ記事

2013年
11月号


特集2

一人ひとりの活動は堅調傾向に

201311特集2

■経済停滞を反映しない改善活動
経済の空洞化が叫ばれて久しく、国内事業所数、従事者数の減少に歯止めがかからない。
改善実績調査もそれを反映して、対象者数や事業所数はいずれも減少傾向だ。

ところが、「一人あたり」になると、違ってくる。
・「一人あたり改善件数」17.9件
・「参加率」 75.0%
いずれもここ数年、一定数で推移している。

■理由は改善活動のシンプルさか?
その最大の理由は、改善活動が究極的にシンプルな活動であることではないだろうか。
運営のための手間ひまがかからない、一般社員だけでなく、パートやアルバイトも巻き込んで展開できる間口の広さがある。


カイゼン・5Sの事例満載 月刊誌「創意とくふう」

直販形式のため 書店にはございません