改善実績調査

当調査は、日本で唯一、改善活動の実態を把握するものです。
日本HR協会と一般社団法人日本経営協会の共催で全国民間企業を対象に毎年実施しております。


2018年の調査は終了しました。ご回答ありがとうございました。

今年も当調査にご協力いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

  • 集計結果:下記にて掲載

    • 「創意とくふう」誌 2018年11月号
    • 日本HR協会ウェブサイト(当ページ)
  •     

  • 次回参加へのお願い

    • 次回は2019年6月に実施予定です。
      当調査へ初めてご参加をご希望の場合は、下記問い合わせ先までご連絡願います。


2017年度集計結果 (調査実施は2018年)

前回と比べ、対象者数が約20%のマイナスでした。とはいえ、一人当たりで見てみると、
改善・提案件数はわずかに増加。改善活動は従来通り安定して実施されています。
また、今回は改善教育・推進額が大きく増加。奨金額も増えています。改善活動に力を入
れようとする企業の意図が見て取れる結果となりました。
※集計実数:436事業所

  • お問合せ先:日本HR協会
    TEL: 06-4790-0370 FAX:0120-03-2904 メール: info@hr-kaizen.com
  • 調査主体:一般社団法人日本経営協会/日本HR協会


よくある質問

社員数万人の巨大企業から、少数精鋭でカイゼン活動を展開する企業まで千差万別です。具体的なデータは「事業所ごとのデータ」をご覧ください。

回答必須項目以外は、可能な範囲でご回答ください。

工場や支店単独の回答も受け付けています。
全国総合値の集計時には、本社と支社に重なり部分があれば除して算出します。

当調査は原則的に民間企業を対象としています。
活動の歴史や沿革を異にする都道府県などの地方自治体は回答対象としておりません。しかし、官公庁における「行政改革・改善」以来、民間に劣らず改善活動が隆盛となってきた現状を鑑み、「創意とくふう」誌では、改善を展開している自治体に取材、その活動の様子や事例を紹介しております。