ピックアップ記事

2017年
11月号


特集2

2016年度 改善・提案活動概況

活動の活力指数となる「1人当たり改善・提案件数」「参加率」は、ほぼ前年並みで定着している。「実施率」はわずかながらアップ、活性化のバロメーターとして期待できる。

今年のテーマ調査は、奨励制度について。奨金・年金表彰の評価・審査基準について各企業から回答を得る。

・【2016年年度総合集計】

2016年度の全回答企業数は425社

・【1人当たり改善・提案件数】

上位100位までをランキング

・【過去20年間の改善・提案活動動向】

改善活動の推移が見えてくる


カイゼン・5Sの事例満載 月刊誌「創意とくふう」

直販形式のため 書店にはございません